クロシジミ ( 黒小灰 )

シジミチョウ科

分布:本州・四国・九州


幼虫は、若齢のうちはアブラムシの分泌物をなめて育ち、その後クロオオアリによって巣に運ばれ、
アリに育てられ、翌年の6~7月頃に蛹になるそうですよ。アリが育ての親なんですね。
大きさ(前翅長)は、17~23mmくらいのヤマトシジミより 少し大き目の蝶さんです。

静岡県富士宮市



かっこのHPへ         昆虫・その他の生物Topへ        チョウの仲間Topへ