コジャノメ ( 小蛇目 )

ジャノメチョウ科

分布:本州・四国・九州


幼虫はアシボソ、チジミザサ、ススキなどイネ科の植物や
タケやササなどを食草とし、幼虫で越冬します。

横浜市戸塚区 横浜市旭区
横浜市旭区 横浜市旭区


コジャノメやヒメジャノメはよく似ているので相違点を調べてみました。
コジャノメ ヒメジャノメ
全体は 黒褐色 コジャノメよりやや薄い
翅裏を縦に走る白色帯は 翅の付け根を中心に弧を描くように入り、やや紫藍色がかっている。 まっすぐに入り、やや黄色がかっている
後翅裏面の大きな目玉模様の上に並んだ小さな目玉模様 4つ(大体同じ大きさ) 3つ(大中小)
前翅の表面に眼状紋が大小2個あり、後翅の表面は、メスには1個の眼状紋がありますが、オスは無紋。
後翅裏面に眼状紋が7つ表れる固体がありますが、これは地域や季節によって、眼状紋の大きさなど違いがあるようです。


かっこのHPへ         昆虫・その他の生物Topへ        チョウの仲間Topへ